2015年04月05日

ハニワのえいさいきょういくとは…

何ヶ月か前のことですが。

「何でも良いから
 埴輪群像ならべごっこがしたい!!!」


と、突然思い立った私は、
一晩かけて簡単な埴輪群像マグネットと
前方後円墳シートを急ごしらえで作って、
台所の冷蔵庫にはりつけて一人で遊んでいました。

IMG_1365.jpg


試作なので雑な作りですが、
私はすごく満足していました。
前方後円墳シートとはいっても、
パソコンで描いた前方後円墳を印刷しただけのもの…です。


「ワーイ(^o^)
 これで冷蔵庫の上にいつでも好きな埴輪群像が作れる〜!」


と、家族の迷惑を全く顧みず、
冷蔵庫の上にどんどんハニワ王国を築きあげること数ヶ月。



つい先日、
我が家で甥っ子(6歳)と姪っ子(4歳)を
あずかることになったのであります。

甥と姪を預かるとき、
大体家の中をかなり片付けて、
埴輪グッズもしまうのですが、

この冷蔵庫の埴輪マグネットセットの存在を
すっかり失念していたわけです…。

台所で昼食をとった甥と姪が
なんと目ざとくこの存在に気付いてしまったのであります…!!

あれよあれよと言う間に、
冷蔵庫からマグネットやシートをはがして
遊ぶ部屋に持って行ってしまう二人…。

そして座布団の上で遊び始める二人……。

IMG_2150_2.jpg

埴輪や古墳について全く何の説明もしてないし
二人とも分かっていないんですが、
自分なりに遊び始めるのがおそろし…
すごいと思いました!

甥っ子は、武人埴輪に大刀形埴輪を持たせ、
船形埴輪に乗せて濠の中を進めたり、
馬形埴輪に乗せて古墳の上を進ませて、
「ピコーン!王冠ゲットー!!」
とか言って遊んでるし。

…甥っ子よ、それは王冠じゃない…。
壷型埴輪なんだ…。


しかし、6歳児に向かって壷型埴輪を説明するなどという芸当は私にはできない。

姪っ子はというと、
「これは王子様でこっちはお姫様なのー」
とかいって古墳の上におひなさまの如く埴輪を並べているが。

それは墓なんだ!!
なんて言えない!私には!!



苦悩しつつも笑いをこらえている私をよそに
30分〜1時間くらい、
二人は良い子で埴輪マグネット遊びをしていましたが。


そこに、二人を預けていた姉が帰って来ました。

姉:「一体何の英才教育をしてくれとるんじゃーー!!」

ち、違っっ…(ToT)
こりは…二人が勝手に……っっ 
あうう…


うん…。しかし…
小さい頃から埴輪をすりこみ…いえ
慣らしておくというのもいいかもしれませんね!ウフフ
posted by 円葉堂 at 23:51| Comment(2) | 試作品など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

試作品 埴輪群像ネックレス

去年の夏くらいでしょうか。
ハンドメイドで大人気のプラバンアクセサリーを見て、
「私も埴輪のを作りたい!うおおお!」
となったときのお話です。

作りたいとなったら、わりとすぐにやってみないと気が済まないです。
(しかしひととおりやってみたら満足して終わってしまうことも多い)

大学生のとき、自分用に仮面とかジャラジャラついたネックレスを
よく粘土で作っていたものですが
あまりアクセサリー作りは得意ではないと感じました。
でもプラバンは、描いたり切ったりして作るので、
そんな私でも紙のクラフト感覚で出来るところがあって
気軽にチャレンジ出来るのがいいですね。

そういうわけで作ってみた、
埴輪プラバンアクセサリーの試作品第1号がこちら。

hgn1.jpg

「埴輪群像ネックレス」です。

つけて見せたら家族や友人に
「何それ」
「馬鹿なの?」
とか言われましたが…

埴輪が2〜3個ちょこんとついてるのも確かに可愛いかもなんですけど、
私にはどの埴輪かなんて選べないんですよおおお!
みんな好きなんだ!!(魂の叫び)
…そういう節操のないネックレスです。

しかしおかしいな…同じプラバンを使ってるのに、
本やネットで見る作品のようなオシャレかわいい感が
感じられないような気がする。

hgn2.jpg

慣れてないのもあって、
完成するのには、まる三日くらいかかりました!

焼いて縮めたあとに色を塗るので、
虫眼鏡が欲しいレベルの細かい作業でした。
ニスを3回塗り重ねるのにも時間がかかりましたが、
一番苦労したのは金具をつけるとこかもしれない…
(丸カンとか苦手)

hgn3.jpg

埴輪の配列として、
家形埴輪の隣はたぶん器財埴輪の方がいいのですが、
ネックレスとしては踊るハニワを持って来た方が可愛いので、
その辺りはグダグダです。
そもそも時代も地域も違う埴輪を一緒に並べている時点で、
埴輪群像の配列とか言うのはナンセンスですね…。

表から見るといいのですが、
アクリルガッシュで裏面から色を塗っているので、
けっこう裏面は残念な作りです。

hgn4.jpg

こんな感じ…。
なるべく裏返らないように金具を組み合わせてはいますが、
ネックレスなのでそれも完全防ぐのは難しい。
ブローチやマグネットの方がプラバンは向いているのかもしれないですね。


さすがに私でも、このネックレスは普段つけられないので
(そりゃそうだ…)
イベントなどのときにつけるようにしてます。
前回のクリマでつけていたときは、
意外にもお客様の反応があって嬉しかったです!!

しかし試作1作目なのもあり、
課題というか問題点も見えて来ました。
(商品にするとしても少数の予定ですが)
もうちょっと試行錯誤してみたいと思います!
posted by 円葉堂 at 02:01| Comment(0) | 試作品など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月28日

セルフ埴輪グッズ

私は基本的に古代日本と紙ものが大好きで、
自分が欲しいと思うものを自分で作っています。

埴輪グッズも、世の中に埴輪グッズが少なすぎるので(私にとっては)
自分で作っているという感じです。

何かの商品を見るたび
「なんで、これの埴輪バージョンはないんだー!」
と叫ぶ日々ですね…。
(ほとんどあることがないので、ほぼ毎日叫んでいることになります。)

そんな私が、仕方ないので自分で作って使っているセルフ埴輪グッズ。

261105-1.jpg

見た目埴輪手帳。
透明のビニルカバーがついた手帳を買って来て、
埴輪文様紙を丁度いいサイズに切って
カバーの下に入れているだけのものです。
(写真の埴輪文様紙は、試作で少量刷ってもらっただけものなので
販売しているものとは色などの仕様が違います)
埴輪文様紙はブックカバーとして使っても良いのですが
印刷が水濡れに弱いので、長く使う場合はこうしてビニルカバー下に入れるのが理想的ですね。
中は市販の手帳ですが、表紙の見た目だけは『埴輪手帳』気分を味わえます。


261105-2.jpg
こっちのiPhoneカバーも、最初に買ったちょっと灰色かがかった透明タイプのカバーに
埴輪文様の紙を丁度いいサイズに切って、中に入れているだけのものです。
切る手間はかかるけどお手軽です。

261105-4.jpg
そして、スマホの待ち受けも埴輪づくしの柄です〜。
これはパソコンで作ったデータを待ち受けサイズにして使ってます。


他にもいろんな埴輪グッズの試作をしているのですが、
大体のものがマニアックすぎるのか商品になりません(泣)
家族とかに「これはちょっと…敷居が高すぎるね」とか言われたりします。
(何の敷居が高いのかはよく分からない)
posted by 円葉堂 at 03:16| Comment(0) | 試作品など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする